省エネ性能が業界最高クラスのLEDシーリングライト - 家電Watch

アイリスオーヤマは、業界最高クラスの省エネ性能を実現した照明器具「LEDシーリングライト C1シリーズ」3機種を3月3日に発売する。~8畳タイプで器具光束3,800lmの「CL8DL-C1」、~12畳タイプで器具光束5,000lmの「CL12DL-C1」、~14畳タイプで器具光束5,600lmの「CL14DL-C1」をラインナップする。価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に24,800円前後、28,800円前後、30,800円前後。いずれも税抜価格。
 
業界最高クラスの発光効率となる130lm/Wを達成したLEDシーリングライト。CL8DL-C1は、86W相当の丸型蛍光灯と比較して約3分の1の消費電力で、同等の光量を実現する。(中略)
 
消費電力はCL8DL-C1が29.2W、CL12DL-C1が38.4W、CL14DL-C1が43.0W。演色性はいずれもRa83。調光は10段階、調色は11段階。

2年前のCL8N-PHが30.4Wなので、わずかですが省エネになっていますね。 でも190lm/WのHE190に比べると、発光効率は大したことないですね。
まだ蛍光灯のシーリングライトが1台残っているのですが、まだ見送りかなぁ。

ところで先週に玄関のLED電球がフラッシュのように点滅するようになってしまいました。 LED電球の故障第三号です。 故障したのは一号二号と同じくNECのものです。

その2ヶ月くらい前から「かすかにチカチカするな」と思っていたので、事前にパナソニックの電球を買い置きしてありました。 やはり前兆というのはあるようです。