三菱自、ダイムラーが子会社化の方向

  • 投稿日:
  • by
  • タグ:

asahi.com : 三菱自、ダイムラーが子会社化の方向

三菱自は5千億円規模の増資を計画している。ダイムラーにとって三菱自は現在、連結対象ではないが、子会社化が実現すれば、ダイムラーの連結対象となる。このため、ダイムラーは増資引き受けに伴う再建計画で、厳しい合理化案を三菱自に要求するとみられる。

三菱ふそうは既に子会社化されています。 実現すれば2例目ですね。
そりゃ折半でも2千5百億円だから、増資だけではないにせよ落ち株比率が50%以上になっちゃうよね。
ダイクラからすれば、底なし沼に首まで埋まる覚悟が出来たというか、毒を食らわば皿までなのか。

関連情報です。

asahi.com : 延々12時間、ダイムラーの総会 拡大路線に株主ら反発

総会の様子はインターネットを通じてライブ中継された。東京都内で、7日深夜までパソコンでみつめていた三菱グループ幹部は「三菱を切り捨てるといった経営陣の発言がなく、安心した」。

よっぽど心配だったんだねぇ。

NET EYE 5 三菱自動車の危機に見る“トップ運”の悪さ

なぜここまで追い込まれてしまったのか。改めて検証すると、トップ経営者に恵まれなかった点に行き着く。いわば“トップ運”の悪さが、同社にとって最大の問題だった。数々の不祥事や、その温床となった風通しの悪い風土などは、結果にすぎない。

そりゃ話が逆だろう。
「風通しの悪い風土」だからこそ、経営陣がボンクラばかりなんだと思うよ。 その国の政治家のレベルが、国民のレベルを反映するのと同じこと。

NIKKEI NET:三菱自動車再建、増資2段階で5000億円

融資や公募増資を含む再建資金は最終的に6500億―7000億円に上る見通しで、1999年に仏ルノーが資本参加した日産自動車の再建資金(約6400億円)に匹敵する規模となる。1回目の増資は3200億―3700億円で、年内に実施する。このうちダイムラーが2000億―2500億円を負担する。この段階ではダイムラーは出資比率に影響しない優先株に普通株を組み合わせ、出資比率を連結対象にならない50%未満にとどめる。

増資だけで5000億円なんだ。 すごいね。

続報です。

MSN-Mainichi INTERACTIVE 三菱自:ダイムラー子会社化で7000億円調達

三菱自は、ダイムラーや三菱グループ、機関投資家を引き受け先とする増資や、金融機関からの借り入れで年内に5500億~6000億円を調達する見通し。ダイムラーが普通株を含めて2000億円程度、三菱グループが約1200億円を優先株の引き受けや融資で負担する。ダイムラーの出資比率はその段階で現在の37%から40%台後半になる。三菱グループは主要3社が1050億円を等分で負担し、残りを3社以外から集める。
さらに、2年後をめどにダイムラーを引き受け先とする千数百億円の第三者割り当て増資を実施する。ダイムラーは、合理化により三菱自の2~3年後の黒字転換が可能と判断した。

asahi.com : 三菱自増資、2段階で計画 ダイムラー子会社化は数年後

第2段階は、三菱自が合理化などで収益基盤が確立するとみられる2~3年後に設定、ここではダイムラーは三菱自の業績が回復した場合に普通株を中心に1000億円以上を引き受ける計画だ。
年内に引き受ける優先株の普通株転換と合わせ、ダイムラーの出資比率は、この時点で5割を超える見通しだ。

もしも2~3年後に、三菱が黒字転換していなかったら、ダイムラーはどうするんでしょうね。
今から開発計画を立てる機種が収益に貢献するのは2年先ですから、結構ギリギリの線かもしれません。

asahi.com :ギャランなど廃止も 三菱自、小型車中心へ転換

三菱自動車は、経営再建策の一環として現在16ある車種を10以下に減らし、小型車中心の車種構成に転換する方針を固めた。主力セダンのギャランやディアマンテが廃止候補にあがっている。スポーツ用多目的車(SUV)のパジェロは、3リットル以上の大排気量車種に代わり、小型化して車名を残す案が有力だ。

そんな状態になったら、ますます三菱自動車の存在意義はなくなってしまいますよ。 角を矯めて牛を殺すようなものです。
三菱の生きる道は、やっぱり”フルライン4WD”であり”フルライン・エボ”戦略でしょう。

YOMIURI ON-LINE / 三菱自動車、国内外で4500人削減

国内では、代表車種のパジェロを生産している子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町、約1100人)などを中心に削減する方向で、1000人以上の削減を計画している。また、欧米とオーストラリアで合わせて3000人以上を削減したい考えだ。小型車「コルト」を生産するオランダの「ネッドカー」(約3300人)などが対象。

ということは、パジェロ製造は解散か?