「レヴォーグ」を年内に欧州で販売

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

富士重、国内向けワゴン「レヴォーグ」を年内に欧州で販売 (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース BUSINESS

レヴォーグは日本の狭い道路や住宅事情を勘案し、主力車「レガシィ」のツーリングワゴンを生産終了したのに伴い一回り小さいサイズで開発したモデル。
欧州は日本と同様に小柄な車が好まれるため、現地の販売会社からも投入を求められており、吉永泰之社長も欧州向けの発売を検討する考えを示していた。
富士重は2014年暦年の販売台数で主力の米国が初めて50万台を超えて過去最高を更新した。一方、欧州は3万5千台に留まっており、「レヴォーグの投入で苦戦が続く欧州で挽回を図りたい」(広報)考え。

発売当初こそ高水準でしたが、いまは月販2千台レベル。 国内専売では辛いですね。
Lハン仕様を追加で開発する必要はありますが、かつてホンダが「幅狭アコード」を欧州に投入していたのと同様の手法です。
アコードは撤退しちゃいますけどね。