スティック型コードレス掃除機は便利

新春のAmazon初売りでコードレス掃除機を買いました。

2Fの寝室に置くのにスティック型の掃除機が欲しいなと思っていたんですよね。
スティック型なら、1Fで使っているツインバードの掃除機も持っています。

2020年10月にこのツインバードの掃除機(TC-E123SBK)を買ったきっかけは、在宅勤務で家に居る時間が増えたことと、下記の記事を読んだからでした。

Amazonベストセラー掃除機部門で不動の1位を守り続けている絶対王者「TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK」はマジで最強
【コスパ最強】確実に掃除機の歴史に名を残すであろう伝説の名機、ツインバード『TC-E123SBK』をオススメしたい9の理由

まあ「そこまで言うほどか」とも思いますが、購入して満足しています。
その後も、2021年に上位機種も出たようですが、TC-E123SBKも未だに併売されています。

【熱烈比較】コスパ最強な伝説の掃除機『ツインバードTC-E123』の熱狂的な愛好家が、同シリーズの進化版『TC-500BK』を1ヶ月使って感じたこと

とはいえ小さな不満もあって、

・階段掃除でコードが邪魔
・自分では許容範囲だが嫁には少し重い(1.7kg)

という点です。 我慢できない訳ではないですが、こういう小さな不満があるとついつい掃除が億劫になってしまいます。
自分は「通年性アレルギー性鼻炎」なので、ハウスダスト対策には掃除が欠かせません。

それで 1万円くらい溜まっている Amazonのポイントで買えるスティック型コードレス掃除機を探しました。
ちなみになぜスティック型なのかというと、掃除機を出したり収納したりするのが面倒だからです。
我が家にはツインバードの他にもダイソンの DC26があります(なんならその前の日立の掃除機も)。
確かに吸引力は素晴らしいのですが、引っ張り出すのも片付けるのも面倒で...
今はツインバードしか使っていません。

で、スティック型コードレス掃除機の選定ですが、Amazonを覗くといろんなのがあります。 ほとんどは聞いたことのない海外(中国)ブランドです。
国内の電機メーカー製は確かに良いですが、価格帯が 2~3倍違います。 とはいえ泡沫ブランドの製品だとアフターケアが心配です。

その点、アイリスオーヤマは泡沫ブランドと同等の価格帯で勝負しています。
年末にポイントを使うために行ったニトリでもコードレス掃除機を見たんですが、値段的にはアイリスオーヤマの方が安かったですね。 まあ Amazonのポイントで買う前提だったんで対象外ですが。

61Rf5TaglwL._AC_SX569_.jpg

ラインナップは 3機種ですが、寝室はカーペットが敷いてあるのでパワーヘッドが欲しいです。 あとは重量と価格で真ん中のSCD-181Pを選びました。
届いてからスタンドは付属していないことに気がついて別に発注しました(ツインバードは自立するからスタンド不要だった)。

使用感ですが、まず吸引力については十分すぎるほど。 音もそんなに大きくないですし、排気の強さも気にならないです。
ゴミが溜まるクリアビンは小さめで、すぐに溜まってしまいます。 寝室(6畳)掃除するのに 3回くらい一杯になりました。
本体重量1.0kg、標準重量1.5kgですが、ツインバードのと比べて重量物が手元にあるので、数字以上に軽く感じます。 階段の掃除が本当にラクになりました。