Vista Cの母艦

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

しばらくは2泊以上のツーリングに出かける予定はないので、そんなに急ぐこともなかったのですが、気になるので買ってしまいました。

最終的に選んだのは、B5ノートよりさらに一回り小さい、A5ファイルサイズのノートPCでした。 重さはB5ノートと変わらないのですが、少しでも小さい方が積み易いので。

A5ノートPCは、過去も現在もあまり製品が多くはありません。 購入したのは、富士通のFMV-BIBLO MCIX23という製品です(もちろん中古)。 主要なスペック

 ●CPU:MMX Pentium 233MHz
 ●チップセット:430TX
 ●メモリ:32M+64M=96MByte
 ●HDD:4.2GB
 ●液晶:8.4インチ 800x600ドット
 ●外寸:230×170×31mm
 ●重量:約1.2kg

というシロモノ。 FDDと光学ドライブは外付けです。 LANポートはありませんが、USBポート(もちろん1.1)は2つあります。 バッテリーはほぼ死んでいます(30分しか持たない)。 素晴らしい。

このノートPCの面白いところは、液晶画面がタッチパネルになっている点です。 ポインティングデバイスは一応あるのですが、屋外での操作にはタッチパネルの方が向いているかもしれません。

実は自腹で買ったノートPCは、ダイナブック GS 286以来14年ぶり3台目(1台目はPC-9801n)。 会社ではThinkPad(T23→T41)だし、富士通は初めてです。 あくまで用途は「トラックログの保存」なので、あまりお金を掛けるつもりはありませんが、しばらくはこいつのセットアップで遊べるかな。