メスティンでご飯を炊いてみる(#12 銀座デリーのバターチキンカレー編)

無洗米の家庭でのおいしい炊き方 - 全国無洗米協会

肌ヌカをとぎ洗いして流さない分、精白米より米の正味量が多くなりますので炊飯器の目盛りより水は多く入れてください。
水が足らないと、特に冷えたとき固くなりやすいようです。
​ 
米1カップにつき大匙1から2杯、水を増やす、米3カップだと約100ml!

ということは1合につき30mlも? 結構多いね!

GPS軌跡ログの補正技術がお手軽に?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

カーナビでおなじみ“マップマッチング”をクラウド化、GPS軌跡ログの補正技術がお手軽に【地図と位置情報】 - INTERNET Watch

具体的には、サービス提供用のウェブサイトを用意し、スマートフォンやGNSS受信機で得た軌跡ログをアップロードすると、クラウド上でマップマッチングの処理を行い、補正された軌跡を出力するというかたちを予定している。価格は未定だが、池田氏によると「法人だけでなく、個人でも使用できるようにしたい」とのこと。処理するファイルの量にもよるが、個人でも利用可能な程度のリーズナブルな価格設定を期待したい。
 
コンシューマー向けの用途としては、マラソンやサイクリングなどの際にGPSウォッチやスマートフォンで取得したログや、GPS搭載ドライブレコーダーで取得したログを補正するといった使い方が考えられる。

eTrexのトラックログはマップマッチングされてない素のデータです。
ビル街や樹木が上空を覆っている道などでは、どうしても測位誤差が大きくなりますね。
もしこういうクラウドサービスが使えるようなら試してみたいです。

ホンダ、欧州四輪市場から事実上撤退へ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ホンダが本田技研含めた体制変更、欧州では「電動化を機にブランド強化」 - MONOist(モノイスト)

今回、「シビック」の次期モデルについて生産場所を検討するのに合わせて、シビックハッチバックを生産する英国、シビックセダンを生産するトルコでは、2021年中に生産を終了することとした。英国で生産する同モデルは55%が北米向けであり、北米などで生産することが適正化につながると判断した。また、北米と欧州の環境規制への対応の違いも踏まえて決定した。北米での生産モデルを欧州に輸出することは考えていないという。英国では、同年中に完成車の生産を終了する方向で、会見と同日から労使間での協議を開始した。(中略)
 
八郷氏は英国とトルコでの生産終了が、欧州事業からの撤退ではないことも強調した。「欧州から撤退することは考えていない。中国のボリュームや日中の競争力で欧州事業の基盤を強化したい。電動化が加速する中で、欧州でのホンダブランドを強いものにしたい」(同氏)。

ハハッ! よく言うね。
もちろん売るのをやめる訳ではないのでしょう。 マツダだって欧州に工場はないけれど、年間20万台以上販売しているしね。

ラトックのスマート家電リモコンが「IFTTT」に対応

ラトックのスマート家電リモコンが「IFTTT」に対応 - ケータイ Watch

IFTTTの連携により、RS-WFIREX4が持つ機能以外にも、さまざまなサービスと連携した家電の制御、記録ができるようになる。たとえば、スマートフォンの位置情報と連動して「自宅に近付いたらエアコンと照明をつける」といった操作や、内蔵センサーのログを残したりSNSを利用して通知したりもできる。

また、前機種の「RS-WFIREX3」にも同様の機能を提供する。IFTTTで「RATOC Remocon」を選択すると、各種サービスとスマート家電リモコンの連携設定ができる。

とりあえずGooglePlayからIFTTTのアプリをスマホに入れてやってみました。

「みちびき」対応の低価格GNSSトラッカー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

測位誤差1m以下の「みちびき」対応GNSSトラッカーを2万円以下で提供、株式会社フォルテの原動力は“IT技術の社会実装に対する、地方ならではのニーズ”【地図と位置情報】 - INTERNET Watch

このような状況の中で、いち早くサブメーター級測位サービスに対応したGNSSトラッカーとしてフォルテが発売したのが、車載用GNSSトラッカー「FB102」と、FB102に防水機能を加えた携帯用のGNSSトラッカー「FB202」だ。みちびきのサブメーター級測位サービスを実現する「L1S補強信号」に対応しており、一般的なGPS受信機の誤差がおよそ10mであるのに対して、L1S信号を受信できる環境であれば誤差1m以下の高精度で測位できる。
 
測位した位置情報は3G(W-CDMA)回線によりインターネットのサーバーに送られ、クラウド上で位置を確認できる。これらの製品はSIMフリー端末で、NTTドコモおよびソフトバンクのSIMに対応している。すでに6000台ほど出荷されているという。

GNSSロガーじゃなくてトラッカーなのね。 そのために3G回線を使うようです。