モータースポーツ・ジャーナリストの今宮純氏が死去

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

日本のF1報道のパイオニア、モータースポーツ・ジャーナリストの今宮純氏が死去 | F1 | autosport web

日本のレース報道、そしてF1解説のパイオニア的存在として多くのモータースポーツファンから愛されたモータースポーツ・ジャーナリストの今宮純氏(70歳)が1月4日の朝、虚血性心疾患のため東京都内の自宅で急逝したことが明らかになった。

フライングの第一報が出てから公式発表があるまで時間がありましたが、誤報であることを願っていました。

再エネがあれば日本の未来は明るい?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

再エネがあれば中東紛争も気にしなくて良い?日本の未来は明るい?  WEDGE Infinity(ウェッジ)

主要国では最もFITを早く導入したドイツは、電気料金上昇に音をあげFITを原則廃止した。それでも一度導入された設備からの電気を長期間買い取る必要がある。ドイツの発電量に占める再エネ比率は、2019年46%に達したが(図-4)、ドイツの家庭用電気料金は世界一高くなり、2019年前半1kWh当たり30.9ユーロセント(37円)に達している。日本の1.5倍だ。標準家庭の賦課金の年間負担額は日本の約3倍、3万円だ。
(中略)
仮に、全ての電源が再エネに変わり、電力部門の化石燃料の消費がゼロになったとしても、節約可能な燃料代金は2018年の価格を基準にすると6兆円程度だ。太陽光を中心に電力構成比の5%程度の再エネ導入に必要であった国民負担額が2兆円を超えていることから考えれば、再エネ導入が燃料代金節約よりもはるかに大きい国民負担を招くことは明らかだ。節約という面だけにスポットライトを当て、国民負担に触れない説明は正しいのだろうか。

FITがなければ日本でも太陽光発電の導入は進んでいなかったし、もちろん自分も導入しなかったでしょう。
ただ副作用(賦課金や送電網の負担)も大きいので、持続可能なシステムにしていく必要がありますね。

検察、ゴーン被告の保釈金は数十億円と主張していた

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

検察、ゴーン被告の保釈金は数十億円と主張していた - 社会 : 日刊スポーツ

関係者によると、地検は保釈に反対する意見の中で、ゴーン被告個人の資産は現金や株式、金融商品などを合計して百数十億円に上り、保証金を数十億円以上にしなければ逃亡を抑止できないと主張した。
 
しかし、弁護側は「現金資産は少なく、数億円が適切だ」などと反論して、裁判所も追認。10億円と設定して保釈を認め、ゴーン被告は昨年3月6日に保釈された。
 
ゴーン被告は昨年4月4日、オマーンの販売代理店に支出された日産の資金を還流したとして、再び逮捕、勾留された。改めて保釈された際の保証金は5億円にとどまり、計15億円だった。

結果的に保釈に反対した地検が正しかったと思うよ。

三菱重工「スペースジェット」、6度目の納入延期は不可避か

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

三菱重工「スペースジェット」に見る改革の難しさ:日経ビジネス電子版

関係者の話を総合すると、手間取ったのは飛行機の内部にはわせる電気配線の組み付けだ。三菱重工と三菱航空機は17年1月に5度目の納入延期を発表したが、この理由が配線だった。今や航空機は電子制御で飛ばすと言っても過言ではなく、スペースジェットの配線数は3万本前後。商業飛行にこぎ着けるには、いかなる状況でもショートしないなどの安全性を立証する必要があるが、従来の試験機ではそれが難しいとの判断があった。
 
三菱航空機の最高開発責任者、アレックス・ベラミー氏は「温度や振動、湿度などの要求に対応するため、900カ所以上の改良が必要となった」と説明する。その配線の再設計を終え、いざ機体に実装する段階になって問題が発生した。「配線が機体の収容スペースに入りきらなかった」(関係者)のだ。収容スペースを広げれば済みそうなものだが、それができなかった。機体はすでに造り上げてしまっていたからだ。

うへぇ。 ダクトの容積が足りなくなったのね。
ダクトを広げようにも、バルクヘッドの穴を広げると強度試験からやり直しになるしね。
三菱重工は造船業も不調だし、いったいどうなってしまうのでしょうか?

交通事故死者数、千葉県が初のトップに

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

交通事故死者数 千葉県が最多に|NHK 首都圏のニュース

都道府県別の死者は千葉県が172人と最も多く、次いで愛知県が156人、北海道が152人、兵庫県が138人などとなっています。
愛知県は16年連続で死者が最も多くなっていましたが、今回初めて千葉県が最も多くなりました。
死亡した人のうち65歳以上の高齢者は1782人と、前の年より184人減りましたが、死亡した人全体に占める割合は55.4%と依然として高い割合になっています。

俺たちの森田健作。
埼玉県(129人で前年比46人減)は差をつけられたな。

「スカイアクティブX」の最大熱効率は?

「スカイアクティブX」エンジンとHCCIの違いを教えよう|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

―熱効率は公表しないんですか。
 
「ピンポイントの最大熱効率を競う競争に巻き込まれたくない。むしろ幅広い負荷領域で高い熱効率を持つエンジンを目指す。そこにごく小型のモーターを併用したマイルドハイブリッド(HV)で、ストロングHVと同等の効果を出したい。大きなエンジンと大きなモーターを使うストロングHVは車2台分を1台に詰め込んだようなもの。車のみの燃費は良くても社会的・環境的負荷は大きい」

だったら正味平均有効圧(Brake Mean Effective Pressure:BMEP)のグラフを提示すればいいだけじゃないかと。

『セロー』の“終売予告”でヤマハが伝えたかったこととは

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

35年のロングセラー『セロー』が生産終了…異例の“終売予告”でヤマハが伝えたかったこととは | レスポンス(Response.jp)

国内の年間販売台数がここ数年は3000台ほどで推移しており、単一モデルのセールスとしては好調と言えるセローを、なぜいま生産終了させるという判断に至ったのか。
 
一つは、2021年から継続生産車にも適用される欧州環境規制「EURO5」に対応させるには大幅な仕様変更を余儀なくされることだ。

2018年に復活したときは、まだ「EURO4」だったんだね。