『ピリオド』 綾瀬はるか

今をときめく若手女優といえば、長澤まさみ沢尻エリカ石原さとみ宮﨑あおい上野樹里蒼井優、そして綾瀬はるかということになるでしょうか。

ピリオド(初回限定盤)(DVD付)
綾瀬はるか 持田香織 小林武史 四家卯大
ビクターエンタテインメント (2006/03/24)

個人的には、私が10歳の頃の下関が舞台の『チルソクの夏』や『スウィングガールズ』の上野樹里を応援してるんですが、『亀は意外と速く泳ぐ』では早くも「平凡な主婦」役を演じるなど、アイドル卒業のようです。

長澤まさみは、前は「それほど」という印象だったのですが、エプソンとかエスタック「苦春」篇のCMを見ると、「やっぱかわいいよなぁ~」と思ってしまいますね(オッサンです、はい)。

で、綾瀬はるかですが、以前、ウチの嫁はポカリのCM(入浴篇)見るたびに「この子、スタイルいいんだよねぇ」とか「肌キレイねぇ」とか感心するように言っていました。 コナカのCMで、ボーイフレンドの髪を切ってやって「いいじゃん」というところもいいですね。
連ドラは見ないので、「白夜行」は知りませんが、『雨鱒の川』は良かったです。

午後イチにツタヤに行って、またCDを借りてきた(柴田淳の全アルバム、和田アキコの「free soul」ほか)んですが、綾瀬はるかのシングルがあったので借りてみました。
どうせお嬢さん芸だろうと思い、ある意味その通りだったんですが、声がいいですね。 そして、その声のよさを損なわないようにアレンジしてあります。 ぜひ単発で終わらせず、続けていってもらいたいもんであります。