デジカメとGPSの関係

デジカメアイテム丼 ソニー「GPS-CS1K」

電源は単三電池1本。アルカリ乾電池で約10時間、ニッケル水素充電池で14時間もつ。1日中身に着けていたい、という向きには短いかもしれないが、電池残量の有無も本体のランプでわかるし、すぐに交換できるものだから、これでも問題はないはずだ。

短っ! せめて20時間はもって欲しいところだね。

ITmediaのレビューもどうぞ。

ITmedia D LifeStyle:地図マニアにはたまらないシンプルGPS――ソニー「GPS-CS1K」

GPSからの電波は布ならば貫通するので、布製のカバンの中に入れておいても問題はないが、アタッシェケースなど金属製のカバンに入れてしまうと電波は受信できない。また、アンテナが真下を向いてしまうと同じく受信できなくなってしまうので、キーホルダーのようにカバンの外側に取り付けるか、ベルトループから下げて携帯することになるだろう。

この「真下を向くと受信できなくなる」というのも気になります。 最初からぶら下げるのが前提なら、それに合わせてアンテナを実装すべきだと思うんだが。

デジカメ写真とGPSのトラックログの連携は、ずいぶん前からカシミール3Dデジカメ・プラグインで実現されていましたが、GPS-CS1Kのおかげでその楽しみ方を再発見できました。