ホンダ社長の年末記者会見

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ロイター - ホンダ、09年夏稼動のエンジン工場を埼玉に新設へ

投資額は250億円、生産能力は年間20万基。従業員は約500人になる見込み。福井社長は「低燃費車の需要が想定を超えるスピードで高まっている。将来の需要拡大に柔軟に対応できる体制が必要」と語った。近隣の大里郡寄居町に2010年稼動を目指す年産20万台規模の自動車組み立て工場を建設する計画を今年5月に発表していたが、世界的なエンジン供給不足の解消を急ぐためにエンジン工場だけ先行させて寄居工場の敷地外に建設することにした。

今年はASIMOの発表はなかったようですね。 残念。

今更のような気もしますが、軽の重要性に気が付いたようです。

一方、国内市場については、普通車から小型車や軽自動車などコンパクトカーへの流れが生じていると説明し「軽自動車はもっと必要になる」と車種拡充を含めて増産を検討していく考えを示した。

ダイハツなんかは7車種くらいあるんだっけ? 軽の市場がこれだけ大きくなってくると、多車種化は時代の流れでしょうね。

F1再開に向け鈴鹿をリノベーション | Response.

ホンダは、2007年に鈴鹿サーキットをリノベーションすると発表した。同社の福井威夫社長は「ピット、パドックを全面改修して再びスズカでF1を開催する」と宣言。
 
(中 略)
 
ホンダは「交通教育センター」を大幅改修して2007年夏にオープン、安全な交通社会作りに貢献していくほか、ピットやパドックなどの全面改修にも着手する。

これも遅きに失した感がありますが、やらないよりはマシでしょう。