トヨタが現代自を恐れる理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

J-CAST ニュース : 「敵はもうGMではない、現代だ」トヨタの本音

トヨタは世界中の車を徹底的に分解して調べているが、これまで「敵」はベンツやホンダだった。現代はこのところ耐久性やエレクトロニクスを活用した先進性、デザインといった面で、急速に性能を上げつつある。しかも、性能の割に圧倒的に安い。
 
もうひとつ、トヨタが警戒しているのは、現代が自前の部品メーカーを抱えている点だ。例えば、ホンダは系列の部品メーカーは持たず、トヨタ系のメーカーを中心に調達している。トヨタ系の部品メーカーがホンダと組んでまったく新しい自動車を開発する、といった可能性は考えられない。逆の意味で現代は怖い、というわけだ。

確かに、デンソーなどからホンダへの納入価格とか入手してるんだろうな。 その点、韓国の部品メーカーの情報へはアクセスしにくいというのはあるのかも。
個人的に韓国メーカーで一番怖いのは、大胆な設備投資だよね。 液晶見ても分かるけど、一気にやるからね。 これでBRICs市場を根こそぎ持っていかれたら、ちょっと大変だわ。