KLのチャイナタウン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

間が開きましたが、続きです。

ミッドバレーから乗ったタクシーは、珍しいことにメーターで料金を請求してきました(7.2RM)。 ほとんどのタクシーでメーターついているんですが、交渉制なんですよね。 「メーター使ってくれ」と言えばいいんでしょうが。

やってきたのはセントラルマーケット。 昨年11月以来です。

DSC04405.jpg

こういう民芸品的なモノはマラッカでも売ってますが、セントラルマーケットに比べると高いです。

DSC04408.jpg

ピューターなども交渉次第で安く買えます。 ロイヤル・セランゴールの認定店もあります。

DSC04409.jpg

どれがどれやら分からなくなってますが、マレー系、中国系、インド系という感じでお店が分かれています。

DSC04412.jpg

お面の専門店。 なかなか気味が悪いです。 結構「写真撮影禁止」のマークが貼ってある店が多いです。

DSC04413.jpg

このTシャツ屋も撮影NGだったのですが、撮ったあとに気が付きました。 まあ、こんだけ辛らつなメッセージのTシャツだとねぇ。 「チキンリトル」のTシャツを買おうかと思ったのですが、高かった(35RM)ので止めました。 ちなみにオーナーはインド系。

DSC04415.jpg

マレーシアのスーパーやモールに例外なくある体重計。 日本でも置けばいいのにね。

DSC04416.jpg

大して物も買わずにセントラルマーケットを後にして、次に目指すはチャイナタウン。 KL訪問5回目にして初めてです。 でもおぼろげにしか場所を覚えていなかったので、少し迷いました。

DSC04419.jpg

写真を撮りながら適当に歩いていたら、人通りの多いアーケード街にぶつかりました。 どうやらここがメインストリートのようです。

DSC04424.jpg

こういうレプリカ・ウォッチのお店が20軒以上ありました。 自分は興味がないので買いませんでしたが。

DSC04426.jpg

焼き栗屋を発見! このおっちゃんが凄くて、「食べてみな」と渡された栗が熱いこと! あまりの熱さに割れない(というかまともに持てない)のを見て、「貸してごらん」と言われて渡すと、親指と人差し指で栗を割ってしまいました。 それでもまだ熱くて食べられなかったんだけど。 恐るべし、チャイナタウン。
ちなみにお味のほうは、焼き栗と甘栗の中間みたいで、とても美味しかったです。 ただ冷めきってしまうと渋皮が取り辛いので、温かいうちに食べた方がいいでしょう。

DSC04429.jpg

それにしても人の多いこと。 コピー品のDVDなども売られてて、「エロビデオ、エロビデオ」とか声を掛けられます。 DVDのお店に入れば、1クール前の日本のテレビドラマのDVDが、中国語のパッケージに入って売られています。 日本のテレビ局のクレジットが入ってないところをみると、エアチェック録画っぽいです。

DSC04430.jpg

こういった”マレーシア”Tシャツも、チャイナタウンが一番安いですね。 マラッカだと10RM以上します。

DSC04433.jpg

このあとタクシーでBBまで戻ってきました。 バスの時間までまだ間があるので、DELANEY'Sへ。 このクリスマスツリーが、KLで見た最後のツリーでした。

DSC04441.jpg

ミッドバレーの本屋で買った、英語とマレー語の日常会話の本。 本当は日馬辞典が欲しかったんですが。

DSC04443.jpg

ギネス2杯飲んだところで、そろそろ時間です。 今回は夕立が来なくてよかったです。