元FIA会長のバレストルが死去

  • 投稿日:
  • by
  • タグ:

Formula 1 関連ニュース: 元FIA会長のバレストルが死去 - GPUpdate.net Formula 1

バレストルは、1980年から1982年に起こった「FISA---FOCA戦争」と呼ばれる、F1世界選手権の財政と支配をめぐる政治的争いに深く関わっていた。バレストルと彼の政敵であったバーニー・エクレストンは、エンツォ・フェラーリの仲介によって和解した。バレストルは最初のコンコルド協定に署名したが、これによりFOCAはF1の商業権を獲得し、一方のFIAはF1のすべての競技規約と技術規約を支配することとなった。
 
バレストルはF1カーに詳細なクラッシュテストの規定を作り上げたことで知られており、この競技における安全性を飛躍的に向上させた。彼はまた、1989年に自然吸気エンジンへの転換を発案し、こうしたことが安全上の理由で必須なのだと主張した。しかし、バレストルはその力を必要以上に行使したことで非難も浴びている。1989年に鈴鹿でアイルトン・セナとアラン・プロストが接触した際には、セナがレースを失格になり、罰金を課された上に出場停止となったため、バレストルがプロストに肩入れしてチャンピオンシップを操作していると「オートスポーツ」誌が糾弾した。これをきかけに、最終的にはマックス・モズレーがFISAの会長に立候補することとなった。しかし、1990年にセナが同じ鈴鹿で故意にプロストに接触したときには、バレストルは介入せず、彼に懲罰を与えなかった。

自分が「AUTOSPORT」誌(日本の方ね)を通じて、F1の情報に接するようになったのが78年くらいかな。 既にバレストルはFISA会長として権勢を誇っていました。 F1の政治的な側面を代表する人物でしたね。
「私がルールだ」的な言動に辟易していたので、モズレーに交代したときは本当に良かったと思いましたもん。 今やモズレーが当時のバレストルみたいになっちゃいましたけどね。