外環道事業主体に首都高も名乗り 未着工区間、三つどもえ戦に

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

NIKKEI NET(日経ネット):外環道事業主体に首都高も名乗り 未着工区間、三つどもえ戦に

着工が決まった東京外郭環状道路(外環道)の未着工区間(練馬―世田谷間)の国との共同事業主体に首都高速道路会社が名乗りをあげた。1兆円を上回る一大プロジェクトで、首都高は「事業拡大の好機」とにらむ。これで東日本および中日本も含めた3つの高速道路会社が参画を表明。旧日本道路公団などの民営化に伴って誕生した道路会社3社が初めて大舞台で競い合う。
 
未着工区間は大泉ジャンクション(JCT)で東日本高速道路会社が管轄する関越自動車道と、東名JCT(仮称)で中日本高速道路会社が管轄する東名高速道路を結ぶ。完成すれば都心部の渋滞緩和に役立つとみられるが、首都高速道路とは直結していない。
 
国土交通省は5月下旬から各高速道路会社に事業主体となる意向の有無や意向がある場合の投資可能額を照会した。東日本、中日本の両社が整備すれば、直結する他の高速道路との一体管理が可能になる。国交省を含めた関係者の間では首都高会社の参画は意外だったようだ。

つか、外環道は首都高会社に移管して、首都高の料金で乗れるようにしてほしいけどな。