東京外環道練馬―世田谷間 予算9割凍結

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

asahi.com(朝日新聞社):外環道9割凍結、新幹線は全額執行 国交省、補正見直し - 政治

鳩山政権が進める今年度補正予算見直しで国土交通省は9日、執行を凍結する事業を初めて公表した。総額9170億円で、同省予算の39%にあたる。全国6区間の高速道路4車線化工事の全面凍結に加え、東京外郭環状道路(外環道)も予算の9割を凍結した。整備新幹線5区間、733億円は全額執行を認めた。 (中略)
 
東京外環道練馬―世田谷間は総工費約1.3兆円の大型事業で、東京都などが建設を強く求めているが、地元住民の反対もある。国交省は新たな計画決定の仕組みをつくるまでは高速道の延伸を見合わせる考え。来年度以降も道路予算は大幅に削られる見通しで、外環道の着工が遅れる可能性が高まった。

昨年のタンクローリー横転炎上事故でも分かるとおり、首都高が通行止めになるとその経済的損失は計り知れません。
国幹会議の代わりとなる仕組みができたら、ぜひ再開してほしいですね。