F1チーム運営における「トヨタ・ウェイ」は失敗した

F1 : トヨタ撤退に見るF1の新時代 - TOYOTA - F1-Live.com

2004年後半にトヨタを解雇された元研究部門責任者のノルベルト・クライヤーは「日本(のトヨタ)は間違った人を信頼してしまったのだ」と語る。
 
さらにクライヤーは、チーム代表に就任する以前はトヨタ・レクサスのマーケティングを担当していたハウエットを名指しし、「なぜ彼らはレースのことを何も知らない役人に仕事を与えてしまったのだろう?」とコメント。

これはホンダも同じ轍を踏んだんですが、自動車会社のオペレーティングをF1チームに持ち込むという試みは、完全に失敗でした。 数千億円をドブに捨てるという高い授業料でしたが。