ソニー、APS-Cセンサのミラーレスαを年内に投入

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

sony_ml.jpg

【PMA】ソニー、APS-Cセンサー搭載のミラーレスαを年内に投入 - デジカメWatch

ソニーは、米国カリフォルニア州アナハイムで21日(現地時間)に開幕した写真関連イベント「PMA 2010」において、レンズ交換式のAPS-Cミラーレス機を開発中と発表した。2010年内の製品化をアナウンスしている。
 
21日午前に行なわれたプレスカンファレンスでソニーが披露したミラーレス機のモックアップは、ボディ3色(シルバー、レッド、ブルー)、交換レンズ3タイプ。αブランドのひとつと位置付けており、既存のデジタル一眼レフカメラより小型軽量なことから、「いつでもどこでもデジタル一一眼レフカメラのクオリティを」(Anytime-anywhare DSLR quality)とアピール。その大きさを「Ultra-Compact」と表現している。
 
現段階では詳細な仕様は未定ながら、撮像素子にはAPS-Cサイズ(24×16mm)の「Exmor APS HD CMOS」を採用する。先行するマイクロフォーサーズ機と同様のミラーレススタイルながら、撮像素子の面積の広さで上回る。また、AVCHD準拠のフル HD動画記録にも対応するという。

ありえないくらいダサいデザインですが、まさかこのまま商品化されることはないだろうと思います。
でもやっぱりボディが小型・薄型化すると、レンズとの釣り合いが難しいよね。