スズキ、10年3月期の2輪部門は211億円の赤字

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

スズキ鈴木会長「2輪事業は今期で赤字ゼロに」(レスポンス) - Yahoo!ニュース

スズキの鈴木修会長は10日の決算発表の席上、2010年3月期まで2期連続で赤字に陥っている2輪車事業について「今期は赤字をゼロにもっていきたい」と、収支均衡まで回復させる方針を示した。
 
前期の2輪は「日米欧の先進国だけでなくアジアも含め落ち込んだ」とし、世界販売は10%減の302万台にとどまった。セグメント別の営業利益は211億円の赤字と、2009年3月期(64億円の赤字)からさらに悪化している。

四輪に人材を振り向けているんだろうな。 成長市場のアジアで存在感がないしね。

もっとも、全体としては好調を維持しています。

asahi.com(朝日新聞社):インド販売が好調、スズキ2期ぶり増益 - 愛車

スズキが10日発表した2010年3月期連結決算は、営業利益が前期比3.2%増の793億円、純利益が5.4%増の289億円で、ともに2期ぶりの増益となった。先進国での販売が苦戦し、売上高は17.8%減の2兆4690億円で2期連続の減収だったが、インド市場の販売が好調で、経費削減も効いた。
 
四輪車販売台数は、国内が6.5%減の62万2千台となる一方、乗用車シェアで約5割を占めるインドでは20.6%増の87万1千台だった。インドの生産子会社、マルチ・スズキが営業利益の7割近くを稼ぎ出した。

もしインド市場がコケたら、スズキは大変なことになりますね。