さらにキャブ調整

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

先週末にSJを#48にしましたが、雨が降るとやはり発進時にアフターファイアーが出ることがあります。
それとアイドル回転数が低くなって、エンストしそうになるんですよね。 アイドルストップスクリューで、もう少し回転数を上げればいいのですが、そうすると晴天時に上がりすぎることになります。 自動遠心でアイドル回転数が高くなると、1速からニュートラルに落とすのが大変になります。

そこで今日はSJを#48→#45に落としてみました。 これはRAYバルブを使っていた頃と同じです。 ニードルのクリップ位置は一番下で変わらずです。 エアスクリューは1-1/2戻しにしています。

現在使っているジェットニードル(36S)のニードル径はΦ2.475です。 0.01mm刻みで NCG L(Φ2.465)、NCG K(Φ2.455)、NCG J(Φ2.445)というのがあるようです。 交換すれば、クリップ位置を3段目に戻せるかな?
「スロージェットの番数を上げても、アクセル開け始めで失速する場合は、スロットルバルブの番数(カッタウェイ)を下げる」ということなんですが、ウチのPE24のカッタウェイは#3.0です。 一応、デイトナから#2.5(69383)というのが出ているようですが、どうでしょうね?

SJ変更後の様子ですが、低回転域の力強さが減ったかなと思いますが、普通に走ります。 明日は雨の予報なので、テスト走行してみたいと思います。