外環道 練馬―世田谷間、来年度 完成は8年後?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

外環道練馬―世田谷、来年度着工・20年完成へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

国土交通省は12日、東京外郭環状道路(外環道)のうち、未着工区間の練馬―世田谷間(約16キロ・メートル)について、2012年度に着工して、東京都が招致を目指している20年夏季五輪までに完成させる方針を明らかにした。
 
関越道と中央道、東名高速を結ぶ同区間について、同省が着工時期や工事期間の見通しを示すのは初めて。同区間の計画決定は1966年で、46年を経てようやく着工されることになった。
 
同省によると、総事業費は約1兆2800億円。同区間の地下40メートルより深い場所にトンネルを通し、ジャンクションとインターチェンジを3か所ずつ建設する。約41万平方メートルの土地を買収する必要があるが、11月末時点で買収済みの用地は5・5%にとどまっているため、同省は今後、工事と並行して買収を急ぐ方針。

最近の首都高中央環状線なんかは、距離が短いのもあるけどトンネル掘って短期間で完成してますよね。
本当に8年間で完成できるかは疑問ですが、死ぬまでには走れるかもしれません。