二輪関係者、過去一度も大臣表彰なし

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

功労者表彰に「二輪関係者を」...国交省推薦促す|GAZOO.com

1960年からはじまった表彰は、毎年6月に地方運輸局長表彰、11月に大臣表彰が行われている。製造を除く、整備、運輸、販売など自動車に関係する団体が広く表彰対象となり、大臣表彰だけでも毎年200人が対象となっているが、過去一度も二輪関係者が表彰されたことはない。地方運輸局長の表彰では、乗用車と二輪車を併売する関係者の表彰が数人あるだけだ。(中略)
 
50年間、二輪関係車が推薦されてこなかった原因は、同局が、表彰の推薦団体を四輪車中心で構成しているからだ。
 
例えば、車両販売分野では日本自動車販売協会連合会(自販連)が推薦団体となっているが、自販連は四輪車ディーラーの会員の集まりだ。中古車販売事業者が参加する日本中古自動車販売協会連合会に四輪車と二輪車を併売する事業者が参加しているが、二輪車分野では、そもそも推薦すべき団体が設定されていない。(中略)
 
国交省や地方運輸局は「これまでも二輪関係者を排除していたわけではない」と、口を揃える。しかし二輪関係者が1人も対象とならなかったことは、こうした団体に二輪関係者の推薦を託してきた結果だろう。

毎年200人表彰で、過去50年間一人もいないなんてあり得ないでしょ!? 日本では二輪がまともな産業として認知されていないことの証ですね。

本来はトップメーカーたるホンダが是正の声を上げるべきだったのだと思います。 自工会の会長もやるようになったのだし。 そういう怠慢が、国内市場の惨憺たる状況に反映されているのだと思いますね。