ホンダ、インドネシアにスクーター用第4工場を建設

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ホンダ、275億円投じインドネシアに二輪車第4工場を建設 (ロイター) - Yahoo!ニュース

ホンダ<7267.T>は13日、インドネシアにある二輪車生産・販売合弁会社のピー・ティ・アストラ・ホンダ・モーター(AHJ)が、ジャカルタ近郊に第4工場を建設すると発表した。総投資額は約275億円。
 
生産能力は年110万台規模で、スクーターモデルの専用工場とする。同工場が2013年秋に稼働すると、AHJの生産能力は現行に比べて約26%増の530万台となる。
 
インドネシアは中国、インドに次ぐ世界第3位の二輪車市場。全体需要は11年に過去最高の801万台(前年比9%増)と堅調に拡大しており、12年も約870万台にまで伸びる見込みだ。AHJは12年に約480万台の販売を計画。インドネシアでシェア約55%の確保を目指している。
 
インドネシアでは近年、操作しやすいスクーターモデルが人気を集めており、全体需要801万台のうち、半分程度を占めているという。ホンダも工場増設により、販売拡大を狙う。

第三工場が稼動したのが2005年ですから、意外と時間が掛かったなという印象ですね。 市場は伸びているものの、ヤマハの攻勢が強くて、シェアが侵食されているということでしょう。