ドイツの太陽光発電はピーク電力の半分をカバー

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

20120604GermanyPV_1week_500px.jpg

ビジネスニュース オピニオン:ドイツの太陽光発電、「失敗」から日本が学べること - EE Times Japan

IWRは、太陽光発電のメリットとして、kWh当たりの発電コストが高いガスタービン発電を稼働させなくてもピーク需要を賄えることを挙げている。
 
ドイツの太陽光発電は日中のピーク電力需要を賄う役割を十分に果たす規模に成長しているのだろうか。5月25日に限らず長期間にわたって検証した報告もある。ドイツの研究機関であるFraunhofer研究所の太陽光関連の部門Fraunhofer-Institut für Solare Energiesysteme(Fraunhofer ISE)は、2012年5月28日、ドイツの太陽光発電と風力発電の実績についての情報を公開した(図3)*1)。
 
ドイツでは、電力需要のピークを賄うために、太陽光発電と風力発電を組み合わせていることが分かる。原子力や石炭火力などはほぼ一定の出力で動かしている。同研究所が公開している過去1年間のデータを見ると、冬季は太陽光発電の出力が落ちる代わりに、風力発電が活躍し、夏季には逆の傾向があることも分かる。電力源を組み合わせて運用する手法は、再生可能エネルギーにおいても有効だ。

そう考えると、ピーク電力を補うために火力発電を増やすくらいなら、FiTでカネをバラ撒いて太陽光発電を普及させた方がいいですね。