名刺よりも小さいLinux PC 「Raspberry Pi」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

手のひらサイズの超小型パソコンがエンジニアに大人気 - ヒット研究所 - 日経トレンディネット

約85×54mmというサイズの超小型パソコンが、大きな話題を呼んでいる。商品名は「Raspberry Pi」(ラズベリーパイ)。英国のラズベリーパイ財団が、次世代のIT技術者の育成を目的に開発、販売している商品だ。国内販売の仲介はアールエスコンポーネンツ(横浜市)。購入するには、まず同社のウェブサイトで自分のメールアドレスを登録。その内容は英国にあるアールエスコンポーネンツ本社に転送され、在庫確保のめどが立った段階で案内メールが届く。案内メールに従って注文すると、国際便で商品が届く。
 
動作周波数700MHzのシングルコアCPUと256MBのメモリーを搭載し、USB端子やSDカードスロットなどの各種端子を備えている。ディスプレイやキーボードは付属しないので、別途用意する必要がある。低価格であることも特徴。「海外製品のため為替レートによって価格は変動しますが、送料も含めておおむね3000~3500円程度で購入可能です」(アールエスコンポーネンツ広報の鴫原義和氏)とのことだ。

前に別の記事で読んで知っていたんですが、blogでは取り上げていなかったようです。

【レポート】今週末にはアキバでデモを予定 -名刺よりも小さいLinux PC「Raspberry pi」 | エンタープライズ | マイナビニュース

ちなみに現行の製品モデルは「Model B」(Model Aはイーサネットポートがない)だが、「Model C」はどうなるのか、と聞いたところ、「コストのかかるUSB 3.0やGbEはやはり搭載するつもりはないが、ニーズが高いWi-Fiやセンサなどは搭載したいといったアイデアベースでの話し合いはしている」との回答で、「Raspberry PiのWebサイトやDESIGNSPARKなどでユーザーからコメントを求めて、次世代Raspberry Piを作っていきたい」と今後はユーザーも巻き込んだ形での製品づくりへと発展させていきたいと希望を語ってくれた。

Wi-Fiは欲しいなぁ。 そしたら、家中にバラ撒いてリアルタイム温度計測に利用したいです。