ボルボ、自動ブレーキ装着車の販売が1万台を突破

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ボルボ、自動ブレーキ装着車の販売が1万台を突破…国内最速 |GAZOO.com

ボルボ・カーズ・ジャパンは、フルオートブレーキ・システム「ヒューマン・セーフティ」装着車の累計販売台数が、1万台を超えたことを発表した。同種のシステム装着車としては、日本最速の1万台達成となる。
 
ヒューマン・セーフティは、ミリ波レーダーとデジタルカメラを併用し、車両や歩行者との事故を回避・軽減する、歩行者検知機能付自動ブレーキシステム。ミリ波レーダーを使用することで、暗闇や悪天候下、高速度域でも車両を検知する能力が高くなっている。
 
ボルボは、同システムを2011年3月に『S60』に導入。以来『V60』『XC60』『V70』『XC70』『S80』と車種を拡大。現在、日本におけるヒューマン・セーフティの装着率は、装着可能な6車種では約95%となっており、今年の全ボルボ販売台数に占める割合でも61%がヒューマン・セーフティ装着車となっている。

スバル以外の国内メーカーがぼけーっとしている間に、VWは149万円の「up!」に標準装備させるわ、ボルボは装着率95%だわで、2周くらい周回遅れにされてしまっているようですね。

プリクラッシュセーフティシステム - Wikipedia

ユーロNCAPによると自動緊急ブレーキ(ユーロNCAPではプリクラッシュセーフティシステムを「Autonomous Emergency Braking(自動緊急ブレーキ)」と呼んでいる。[11])によって最大で27%事故の発生を減らすことができる。 そのため、ユーロNCAPでは2014年から最高ランクの5つ星を取得するためには、自動緊急ブレーキの搭載が必須となる。

というわけで、各社とも14年に向けて取り組んでいるとは思いますが、法規制も含めた「外圧」でしか動けないようでは、市場を創っていくなんて出来ないですよ。