電話帳アプリにご用心 個人情報を無断で送信

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

朝日新聞デジタル:スマホ個人情報76万件流出 電話帳アプリが無断で送信

問題のアプリは「全国電話帳」。米グーグル社の「アンドロイド」を採用したスマホ用に、公式サイトを通じて無料で配布されていた。
 
朝日新聞が情報セキュリティー大手「シマンテック」に解析を依頼した結果、アプリを起動すると、スマホの電話帳に登録した名前や住所、メールアドレス、電話番号を外部のサーバーに送信することが確認された。
 
こうして集められた個人情報はサーバーに保存されているが、セキュリティーロックがかけられていなかった。1日夜にこのサーバーにアクセスすると、853台のスマホに保存されていた計51万8776件分の個人情報が確認できた。パスワードなどは求められなかった。中には、捜査機関の直通の電話番号や、捜査関係者と見られる個人の携帯番号もあった。東京の別のセキュリティー会社も約76万件分の情報を確認したという。
 
アプリを開発した30代の男性は取材に「アプリの公式配布サイトで、利用者の電話帳などを使うと明記している」と話し、問題ないとの認識を示した。集められた個人情報が誰でも見られる状況にあったことについては「想定していなかった」という。外部の指摘を受け、5日夜にサーバーから削除したとしている。

Android標準の電話帳は使ってますが、こういう電話帳アプリは怖くて使う気になれないですね。

だから私は絶対に「LINE」を使わない : J-CAST会社ウォッチ

あ、あのね、アプリのインストールぐらい、どうすればいいかなんて知ってますよ…。わざわざ入れてないの!筆者がLINEを使わないのは、アドレス帳データを預けたくないという1点に尽きます。一般には公開されていない人物や会社の連絡先が山ほど入っているので、見ず知らずの他人に預けることなど、恐ろしくてとてもできません。

じゃあGoogleなら信用できてNAVERはダメなのかというと微妙ですが、とにかくガラケーと違ってスマホにはこういう危険性もあるということを、ちゃんと認識しておいた方がいいと思います。