稲盛氏「原発は必要悪」「太陽光はメジャーになり得ない」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

稲盛氏がエネルギー問題で持論 「原発は必要悪」「太陽光はメジャーになり得ない」 : J-CASTニュース

稲盛氏は京セラの創業者としても知られ、同社グループは、12年8月に稼働を始めた「ソフトバンク京都ソーラーパーク」などの太陽光発電所の建設に携わっている。
だが、当の稲盛氏は、
 
「太陽光発電については、私は最も日本で先駆けてやってきた技術屋。現在日本で一番生産量も多いし、設置をしているのが京セラの太陽光発電」
 
と自負を見せながらも、
 
「メジャーなエネルギーにはなり得ないと思っている」
 
と、太陽光発電は補完的な役割にとどまるとの認識を示した。その上で
 
「原発は、必要悪として、どうしてこれをコントロールして使っていくかに力を入れなければならないのでないかと思っている」
 
原発のリスクや廃棄物の処理を含めた情報開示の徹底を求めた。

京セラが1番かどうかは議論のあるところだろうと思いますが、「太陽光発電は補完的な役割」というのは同意します。 昼間のピーク電力を補うためのもので、ベース電源になるのは蓄電池や揚水発電があったとしても難しいでしょう。 そんなのは当たり前の話です。

「原発は必要悪」というなら、JALを再生した稲森氏の手腕で、核廃棄物処理の解決をお願いしたいですね。