取得税と重量税を撤廃したら、燃料税が上がる?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

石油業界、盟友との利益相反:日経ビジネスオンライン

石油業界はこれまで度重なる増税を受け入れてきた。それは「政治力が乏しく遠慮もあったから」(石油業界幹部)。だが、2004年度に予想より5年以上早くガソリン需要がピークアウトし、A重油は7年で半減。悲鳴を上げる販売現場に、再び増税の脅威が襲いかかっている。(中略)
 
自動車業界にとって、自動車取得税と重量税の撤廃は悲願。特に気勢が上がっているのは、8月に成立した消費増税法を巡る3党合意で、「両税を抜本的に見直し、消費税率8%への引き上げ時までに結論を得る」としたためだ。
 
経済産業省は両税の撤廃を今年度の税制改正要望の一丁目一番地に据えるが、財務省や総務省の反対は根強い。総務省の地方財政審議会は10月22日、「両税を負担軽減するなら燃料課税を含む環境税制全体の見直しが必要」という内容を答申。財源の減少分は燃料税などで補うべきだとクギを刺した。
 
クルマで減税したら、またもや石油が増税される――。差し迫る増税の脅威に、石油業界の警戒はピークに達している。かねて石油製品は、価格弾力性があると言われてきた。「だが、それは昔の話。値上げをすれば需要は落ちる」と河本副会長は言う。

所得税でとるか消費税で取るかみたいなものですね。

むしろクルマのランニングコストは上がるかもしれません。 それでいて取得税と重量税を撤廃しても、クルマの販売が上向くとは思えないですけどね。
EVの販売には追い風になるかも。