中央道・笹子トンネル崩落事故、7人不明 2人けが

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

sasago008.jpg

朝日新聞デジタル:トンネル崩落事故、7人不明か 2人けが 山梨の中央道 - 社会

2日午前8時ごろ、山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道上り線の笹子トンネルで崩落事故が起きた。消防庁災害対策室によると、少なくとも2人がけがをし、7人が行方不明とみられるという。東山梨消防本部によると、複数の車が巻き込まれ、火災も発生している模様で、県警などが確認を急いでいる。
 
中日本高速道路によると、笹子トンネルは全長約4.7キロ。崩落は甲州市側から3.2キロ付近で50~60メートルにわたって起きたという。

笹子トンネルって長いんだよね。 古いトンネルだから狭いし。 ゾッとしますな。

sasago007.jpg

この人達は、何時頃ここから脱出できたのでしょうか?

中央道トンネル崩落:現場で焼死体3体を確認- 毎日jp(毎日新聞)

2日午前8時ごろ、山梨県大月市笹子町の中央自動車道・笹子トンネル(全長4455メートル)内で、コンクリート製の天井板が50〜60メートルにわたり崩落し、車3台が巻き込まれた。東山梨消防本部によると、午後4時半ごろ、現場で焼死体3体を確認した。他に少なくとも3台の4人が取り残されている可能性があり、県警や消防が救出作業を急いでいる。管理する中日本高速道路は、天井板を支える器材の劣化により事故が起きた可能性を認めている。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

sasago018.jpg

走っていていきなり天井が落ちてきたら... パニックになっちゃいそうです。

中日本高速道路八王子支社によると、事故があったのは、大月市側のトンネル出口から1.7キロ入った地点。天井板は奥行き約1.2メートル、幅約5メートル、厚さ約8センチ、重さ約1.2トンで、最大100枚が崩落したとみられる。天井板はトンネル上部との間にできる隙間(すきま)に空気を通して換気するために設置。トンネル中央の上部に1.2メートル間隔で打ち込まれた金具でつり下げてある。このつり金具と、トンネル上部との隙間を真ん中で仕切るコンクリート製の隔壁が何らかの原因で落下したことにより、天井板がトンネル中央で崩落したとみられ、天井板はV字型に垂れ下がった状態となった。

点検は5年に1回と定められ、今年9〜10月に実施したばかりだが、「異常なし」だったという。
 
笹子トンネルは1977年開通で、大月市と甲州市にまたがる。このトンネルの換気方式は「横流換気方式」と呼ばれ、最近は使われていないという。

こんな構造になっているんですね。

sasago014.jpg

復旧には相当な時間が掛かりそうです。

首都高の老朽化も問題になっていますが、こういうことがあると自民党の言う「国土強靭化」も確かに必要なのかもしれないなと思います。