日産「リーフ」、4月に一律28万円値下げ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

日産「リーフ」、一律28万円値下げ 4月に改定  :日本経済新聞

日産自動車は17日、電気自動車(EV)「リーフ」の価格を4月に改定し、一律で約28万円値下げすると発表した。国と地方自治体の補助金を最大限使うと、価格が200万円を切る地域もあり、実質的な購入価格はトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」に近づく。値下げにより国内累計2万1000台にとどまるリーフの販売拡大を目指す。
 
リーフの発売は2010年12月。12年11月に価格を約40万円引き下げた廉価版「Sグレード」を加えており、モデル全体の一律値下げで一段の普及を後押しする。
 
価格改定後のリーフの価格は、12年度の国のEV購入の補助金78万円を最大限受給した場合、221万~299万円。プリウスの売れ筋であるSグレード(232万円)の価格に近くなる。

EVも1台400万円以上するような非現実的な価格帯から、ハイブリッド車と比較できるところまで降りてきたようですね。
であれば、補助金も段階的に引き下げていくべきだと思いますね。

それかEVの補助金を揮発油税に上乗せして、ガソリン車ユーザーから徴収するようにするとか。
太陽光発電でやってることと同じですね。 猛反発が予想されますが。

ECOカーアジア エコカーアジア: リーフ緊急値下げ!

この価格改定に伴い、日産では、すでにマイナーチェンジ車両を購入した方と、これから4月までにリーフを購入する方に、価格改定額相当の還元(日産ディーラーで、整備や部品購入等に使えるクーポン)を実施します。

いくら人柱精神旺盛なリーフユーザーでも、それくらいしてもらわないと怒るでしょうね。