ホンダ、スマホ向けアプリに「逃げ地図」表示機能を追加

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ホンダ、スマートフォン向けインターナビ関連アプリを機能強化…防災・減災に役立つ | レスポンス

ホンダは、スマートフォン向けインターナビ関連アプリ「インターナビ・リンク」と「ホンダ モト・リンク」について、防災・減災に役立つ機能を強化すると発表した。
 
今回、津波警報・注意報の通知機能や安否確認システムを強化するとともに、避難地点までの距離や徒歩での所要時間、経路が分かる「逃げ地図」表示機能を追加。3月末より提供を開始する。(中略)
 
逃げ地図は、日建設計のボランティア部が、現地の人々と一緒に避難地点や所要時間を設定し、手作業で地図上にまとめたもの。宮城県・岩手県・神奈川県内合計7地域の逃げ地図がインターナビ関連アプリに登録される。津波警報・注意報がその7地域のいずれかに発令され、さらに対象会員がその地域にいる可能性がある場合、逃げ地図連携ボタンが表示される。

昨日のNHKスペシャル「"いのちの記録"を未来へ ~震災ビッグデータ~」はすごく面白かった(といっては語弊がありますが)です。
コンピュータの画面上でブラウン運動のように動く光点のひとつ一つが、生きた人間だったんですよね...

事後の解析はもちろんですが、リアルタイムに位置情報を処理することで、避難誘導や災害救助に役立てるかもしれません。

カーナビのプローブデータも、震災後にGoogleマップと連携させる動きがありましたが、関係各社が協定を結んで非常時にすぐにデータを統合できるように準備をしておくべきだと思います。

その為には、ホンダとトヨタとGoogleが最初に手を握るべきでしょうね。

ホンダ、ユーザー同士で災害情報を共有する新アプリをリリース | レスポンス

ホンダは、災害や気象、通行止めなど、車両による移動に影響を与える情報をアイコンで投稿し、ユーザー同士で共有できるスマートフォン向けの新アプリ「インターナビ リポート」を、3月末より無料で提供する。
 
新アプリ上で投稿したい情報のカテゴリーを選択。カテゴリー分けされたアイコンが表示され、アイコンをタッチすることで事象を投稿できる。また、コメントとともに投稿することも可能。アプリは無料でダウンロードでき、インターナビ・リンクとホンダ モト・リンクの会員が利用できる。
 
投稿可能な情報カテゴリーは、道路の混み具合、通行止め、事故、故障車、火災、工事、行事など、気象、災害、運転注意、動物など。
 
ホンダは、既存の情報では把握することが難しい道路や気象に関する細かい状況を、会員からの投稿情報によってカバーすることで、ドライバーのより快適・安全な移動をサポートする。

冬季通行止めや土砂崩れによる通行止めの情報すら、Googleマップのナビでは考慮してくれませんが、こういう機能で補うしかないんでしょうかね。