マレーシア、閣僚の公用車を アコード に切り替え

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

マレーシア、閣僚の公用車を アコード に切り替え…ペルダナV6 引退で | レスポンス

マレーシアでは、連邦政府の大臣・副大臣に支給されている公用車を、これまで使われてきたプロトン『ペルダナV6』からホンダ『アコード』に切り替えることが、先の閣議で決定された。
 
これまで国民車メーカーのプロトンが担ってきた国家VIPの足としての地位を外国車メーカーに明け渡す。
 
プロトンは、ホンダと提携交渉を続けているとされる。ペルダナV6の製造はすでに2011年に中止されており、政府筋によると一部ではすでにアコードへの切り替えが始まっているという。
 
アコードはプロトン親会社、DRBハイコムのペカン工場で組み立てられている。ただし他の政府機関トップや高級官僚の公用車には、ペルダナV6が引退してもその後継モデルであるプロトン『インスピラ』が使用される。

「DRBハイコムのペカン工場」ってHMSBのことみたいですね。
HMSBは確かにホンダとDRBハイコムの合弁で、工業団地もDRBハイコムの関係だけど、「DRBハイコムの工場」と言うかな?

プロトンとホンダ、近く業務提携内容発表 | レスポンス

マレーシアのプロトン・ホールディングスは、ホンダとの業務提携や新型モデルに関する協議が最終段階に入っており、数か月内に契約の一部について発表すると明らかにした。
 
モハマド・カミル・ジャミル社長は、詳細についてまだ発表することは出来ないと述べた。
 
英字紙「ザ・スター」は情報筋の話として、ホンダとの提携はプラットフォーム開発のみならず多岐に渡ると報じた。プロトンはホンダ『アコード』をベースにしたセダン『ペルダナ』の代替モデルを発表すると見込まれているという。

マレーシアではまだ新型アコードに切り替わってないですが、現行アコードのバッジをプロトンに代えてそのまま作るのかもね。