蓄電池導入のシュミレーション結果

ONEエネルギーから、シュミレーション結果が送られてきました。

まずはその結果から(クリックすると大きくなります)。

simulation01.jpg

「直近の」ということだったので、1月の電気料金(買電・売電)の領収書を送ったのですが、あれを元に1年間の効果を見積もるのは無理があると思います。 1年で一番エコウィルの発電量が多くて、売電量も多かった月なので。
1日の消費電力・発電量のグラフも、こんな綺麗な山型ではないしね。 ウチの売電収入はこんなに多くないし。
ただ、効果が月に数百円しか出ないというのはその通りだろうと思います。 正直で良心的ですね。


夜得プランより半日お得プランの方がいいというのもちょっと意外でした。

較べてみると、昼間の第一段階料金は夜得が90kWまで23.36円なのに対し、半日お得は70kWまで27.59円です。
ウチのこれまでの実績だと、今年の1、2月を除いて昼間に70kW以上使っています。 昼間料金の時間帯が4時間減る(16時間→12時間)ので、第二段階(36.79円)までは掛からないでしょうが。

でも蓄電池のおかげで昼間の電力をほとんど使わないということになれば、夜間料金の時間帯が広がるのはメリットかもしれません。 夜間料金は両者で0.1円/kWhしか違いません(夜得:12.14円、半日お得:12.24円)から。
この辺りは実際にやってみないと分かりませんね。


同封されていた「ご利用者の声」も載せておきます。

simulation02.jpg

月の電気代が平均2万円なんて、どんな生活送ってるんだか。

想像ですが、シュミレーション結果を見て「全然元が取れないじゃん!」ということで、取り止めてしまう方も多いのではないかと思います。 それが普通の反応だとは思いますがね。

さて今後ですが、『書類送付の案内』には「キャンセルご連絡がない場合、契約書類をお届けしてしまうスケジュールとなります」ということなので、待っていれば契約書が送って来るようです。
そんなまだるっこしいことしてないで、とっとと送ってくればいいのにね。