Googleマップアプリがナビ改良やオフラインに対応 -INTERNET Watch

今回のバージョンアップでは、新機能として音声ガイド付きナビゲーション(ターンバイターン方式ナビ)の改良、地図オフライン保存への対応、乗換案内の改良、Uberアプリとの連携など、様々な新機能や改良が搭載された。
 
ターンバイターン方式ナビの改良として、経路検索後に他の経路を表示できるようになった。途中で別アプリを立ち上げたり、通話してもナビは終了しない。特に、最適の車線を案内してくれる車線案内機能が日本、米国、カナダで利用できるようになった。日本では高速道路以外の道路に対応している。これらの機能を利用するには、端末がGPS機能を搭載している必要がある。
 
また、地図のオフライン保存も簡単にできるようになった。ただし、あらかじめGoogleアカウントにログインする必要がある。インターネット接続が快適に利用できる場所で保存しておきたい場所を検索し、端末画面下部にある場所情報シートのメニューから「オフライン用に地図を保存」で可能だ。保存する地図には任意の名前をつけられる。保存した地図を呼び出す場合は、検索ボックス隣のプロフィールアイコンから地図の名前によって呼び出す。

もちろん機能の向上はありがたいのですが、最近安定性が落ちてきている(30分以上ナビさせるとアプリが終了)ので、その辺りもよろしくお願いします。