ソニー、Android Wear対応の「SmartWatch 3」

sband02a.jpg

ソニー、音楽プレーヤーになるAndroid Wear「SmartWatch 3」 - AV Watch

ソニーは、XperiaなどのAndroidスマートフォンと連携するウェアラブル端末2モデルを、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2014」の開幕前プレスカンファレンスで3日(現地時間)に発表した。Android Wear端末の「SmartWatch 3」と、E Ink採用で通話対応の「SmartBand Talk」を2014年秋よりグローバルで展開する。欧州での価格は「SmartWatch 3」が229.99ユーロ、「SmartBand Talk」が159.99ユーロ。
 
1.6型/320×320ドットの液晶ディスプレイを備えた腕時計型の端末で、Android Wearを搭載。Android 4.4(KitKat)以降のスマホと連携し、Lifelogアプリを使った活動履歴を記録でき、ユーザーの行動履歴に応じて最適な情報提供が行なえるという。カラーはブラックとホワイトの2色。IP68準拠の防水防塵機能を備えている。
 
スマホとの接続はBluetoothで、NFCも搭載。加速度センサーやコンパスのほか、GPSやジャイロセンサーも新たに搭載。動きや場所を含め、より細かなライフログの取得が可能となった。(中略)
 
内蔵メモリは512MB。CPUは1.2GHzのクアッドコアARM A7。シリコン製のバンドとコア部で構成されており、バンドはピンクやホワイトなどのカラーバリエーションも欧州において24.99ユーロで発売予定。
 
コア部のみの外形寸法は51×36×10mm(縦×横×厚さ)で、重量は38g。バッテリは420mAhのリチウムポリマーバッテリ。バッテリの持続時間は通常使用で2日間、待ち受けで4日間。充電は約1時間。

なんかコアの部分だけポロッと取れて、無くしてしまう事案が発生しそうな気もしますが、大丈夫なんでしょうか? 充電はクレードル?

GPSのトラックログはスマホがなくても単体で記録出来るのかな? Android WearならXPERIA以外のスマホとも連携できるし、ちょっと興味がありますね。 eTrexの代替になるかな?

ソニー「SmartWatch 3」がAndroid Wearとして登場、通話対応の「SmartBand Talk」も - ケータイ Watch

SmartWatchは従来、ソニーモバイルが独自にカスタマイズしたAndroidを採用していたが、SmartWatch 3ではそれを一新。グーグルがウェアラブル用のOSとして提供する「Android Wear」を搭載している。ただし、鈴木氏が「グーグルとの密接な協力で、間もなくとなるAndroid Wearのアップデートに初めて対応した製品になる」と語っていることからも分かるように、サムスン電子製の「Gear Live」やLGエレクトロニクス製の「G Watch」といった現行モデルとはOSのバージョンが異なっているようだ。
 
元々、Android WearはAndroidスマートフォンの通知を受けたり、ボイスコマンドで操作したりといったことが主な機能だが、SmartWatch 3では単体での音楽再生、映像再生が可能になる。会場の説明員によると、音楽や動画は、スマートフォンから転送するしくみだという。このモデルはハードウェアとしてWi-Fiにも対応している。ただし、展示されていた試作機ではこうした機能を利用できなった。鈴木氏が最新のOSを搭載すると語っていたことと合わせて考えると、Android Wearのアップデートでこうした機能をサポートする可能性が高い。

LMP登場のタイミングで、Android Wearもまた改善されるんでしょう。 WiFiのサポートは重要だと思う。

smartwatch6.jpg

充電は裏側の端子からかな? Qiなどの「置くだけ充電」にしてほしかったね。