ソニー、microSDHC対応のハイレゾ入門ウォークマン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ソニー、microSD対応のハイレゾ入門ウォークマン「NWZ-A15」 - AV Watch

NWZ-A15は、エントリークラスながらハイレゾに対応し、世界最小/最軽量というウォークマンの新モデル。FLAC/Apple Lossless(ALAC)などのハイレゾ再生に対応するほか、MP3/AAC/HE-AAC/WMA/WAV/AIFFもサポートしている。DSDには対応しない。カラーはブラックとホワイトの2色。欧州での価格は約200ユーロ。なお、OSはAndroidではなく、既存のA/Sシリーズなどに近いインターフェイスとなっている。アプリの追加などはできない。
 
2.2型/240×320ドット液晶を装備し、内蔵メモリは16GB。ハイレゾ対応ウォークマンでは初めて、microSD/SDHCによるメモリ拡張にも対応する。アンプはS-Master HXで、DSEE HXやClear Audio+など、ソニー独自の高音質技術も搭載している。
 
Bluetoothも装備し、高音質コーデックのaptXもサポート。ソニーのハイレゾ対応コンポなどとUSB接続することで、デジタル出力も行なえる。バッテリ駆動時間は約50時間(MP3再生時)。外形寸法は109×43.6×8.7mm(縦×横×厚さ)、重量は66g。

専用プレーヤーを求めている人にはいい商品だと思うけど、「なんでmicroSDXCじゃないの!?」というツッコミが多数発生したでしょうね。