ホンダ、電動スーパーカブ17年にも発売?

ホンダ、電動スーパーカブ17年にも発売  :日本経済新聞

ホンダは2017年をめどに、同社として初めて電動バイクを一般発売する。これまではリース販売に限定してきた。1回の充電で走れる距離を現行車種の2倍近くに延ばす。同社の小型二輪車「スーパーカブ」の車体にリチウムイオン電池やモーターを載せる。日本のほか、大気汚染が深刻な中国などでも売り出す計画。世界的に環境規制が厳しくなる中、各社の開発競争が進みそうだ。
 
17年の発売を目指し従来より高い出力のモーターやリチウムイオン電池を開発している。ホンダが国内で電動バイクを一般販売するのは初めて。10~13年にリース販売していた「EV―neo」(50万円前後)は1回の充電で約30キロメートル走るが、新型バイクは50キロメートル以上に延ばすメドが付いた。

50km走れれば、通勤(往復25km)には使えそうですね。 買わないと思いますが。