ソニー、6K信号から解像感ある4K動画を撮る「α6300」 - AV Watch

2014年発売「α6000」の上位機種で、APS-Cセンサー搭載αの最上位モデルとなる。AFを大幅に強化したほか、読み出し速度や感度を大幅に向上した新Exmor CMOSセンサーの採用で4K/30p動画撮影に対応。画素混合をせず、全画素読出により、6K相当のデータをオーバーサンプリングしながら4K解像度で記録し、「αシリーズでももっとも解像感ある4K動画が撮影できる」という。

うーん。 マグネシウム外装は重くなるだけだし、4K動画なんて撮らないし、ボディ内手ぶれ補正は搭載されなかったしで、無駄に価格が上がっているだけのような気がする。
AF廻りを継承してコストダウンした「α5300」(あるいは「α6100」)に期待だな。