広告批評

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

今のマツダの走りは プレマシー から始まった!…「マツダの進化」体験会 | レスポンス(Response.jp)

マツダが持つ国内4箇所の試験場のうちの1つ、山口県にある美祢試験場において、報道陣向けの体験会が開催された。そこで体験できたものの1つが「マツダの進化」。マツダのクルマがどのように進化してきたのか、実際に乗ってその走りの違いを体感してみようという試みだ。

新型車もないなかで、切れ目なく話題作りをして露出を増やそうというマツダとぱっぽん堂のマーケティング魂にはもはや脱帽するけれど、コレってもはや広告だよね。

「《取材協力》マツダ株式会社」とは書いてあるけれど、ハッキリと「PR記事」と書くべきじゃないかと思うんだが。

商業媒体なので「ステルスマーケティング」とは言わないのかもしれないけど、こういうことを繰り返しているとメディアの信頼性に疑問符が付くよ。