余っている2.5インチHDDを外付けUSB化してみる

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

IMG_20161002_102448.jpg

かなり前に Ankerの Uspeedという2.5インチHDD用外付けUSBケースを購入していた。
写真では高級感があって良さそうに見えたのだが、実物を手にしてみると作りが雑な感じがして、使わないまま放置してあった。

訳あって 1TB 2.5インチHDDを買ったので、そのケースを引っ張りだしてきた。

IMG_20161002_102640.jpg

内容物一式。

IMG_20161002_102755.jpg

アルミケースだからか、HDDの基板面に貼る絶縁シールが付属している。

IMG_20161002_103113.jpg

ケースにHDDをセットしてみたが、レバーのような形状になっているフタのロックが閉まりにくい。 それでもなんとかロックさせてPCにつないでみたのだが、何度やってもHDDを認識しない。
休眠していた「裸族のお立ち台」に HDDを挿すとちゃんと認識するので、ケースに問題があるのだろう。 別に持ち歩く訳ではないが、「裸族のお立ち台」はバスパワーじゃないのでACアダプターが必要で不便だ。

IMG_20161003_203440.jpg

そこで代替として外付けUSBケースを購入してみることにした。 Amazonのレビューを見ると、どの製品もたいてい何個かは「認識しない」という評価がある。 ある一定の不良率があり、ハズレを引いてしまうと今回のようなことになるのだろう。

IMG_20161003_204730.jpg

時間をムダにしたくなかったので、ケースを2種類買ってみることにした。 よほど運が悪くなければ、どちらかはまともに使えるだろう。 合計2千円以上にして運送料をダーターにする為でもある。
USB3.0ケーブルはどちらも似たような長さだが、太さが違う。 エラーなどが起きないなら細いほうが使いやすい。 どちらも補助電源プラグはなし。

IMG_20161003_203933.jpg

一つ目は Inateckの製品。 eSATAはなくUSB3.0のみ。 シンプルな外観が好印象。 プラスチック製だが手触りがよく、安物感はそれほどない。 持ち歩くと傷がつくかもしれないが。

IMG_20161003_203928.jpg

Transcend StoreJet 25S3 USB3.0 アルミニウム製SSD/HDDケースTS0GSJ25S3
トランセンド・ジャパン (2014-10-07)
売り上げランキング: 528

もう一つは Transcendの製品。 こちらは分解/組立にドライバーが必要だが、頻繁にHDDを入れ替えるわけではないので、別に構わない。 むしろ安心感があっていいかも。

IMG_20161003_204121.jpg

とりあえず評価用に遊休品のHDD(左:160GB、右:250GB)を入れてみる。

IMG_20161003_204307.jpg

HDDは適切に保管すれば、腐ることもなく使えるからいいね。

IMG_20161003_210942.jpg

個人的にどちらが好印象だったかというと、Inateckに軍配を上げる。 アクセスランプも含めて外観の自己主張のなさと、動作音が低いのが魅力的。 よって Inateckはもう1個買い足す予定。

IMG_20161003_224608.jpg

Transcendはアルミ筐体で放熱に有利なので、高速なHDDを使うときはいいかもしれない。