3本目のSAマウントレンズ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

MC-11対応ファームウェア」を搭載したレンズでなければ、NEX-6+MC-11で使ったときのAF性能をきちんと評価できません。
ならばということで、手に入れましたよ。 アレを。

IMG_20161026_222527.jpg

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM(A013)です。

IMG_20161026_221441.jpg

F1.8通し、重さ810gと完全に自分にはオーバースペックですな。
さすがに新品では買えませんので今回も中古での購入です。 程度はかなり良いです。 レンズのファームウェアは最新(v1.01)でした。

フォトヨドバシのレビュー
ITmediaのレビュー
デジカメWatchのレビュー(1)(2)(3)
マップカメラのレビュー(1)(2)

IMG_20161026_221541.jpg

17-70mmとの比較。 長さは1.5倍、重さも倍くらいですね。

肝心のAFですが、「MC-11対応ファームウェア」とはいえ 17-70mmよりは気持ちいいかな?という程度です。 期待しすぎてはいけません。 やはり本領を発揮させるためには、α6300/6500のボディが必要なようです。


ところで 17-70mmと 18-200mmのファームウェアについてですが、8/30にニュースリリースが出てましたね。

レンズファームウェアの開発状況について|株式会社シグマ

2016年4月14日(木)に、AF性能の更なる向上を図る新アルゴリズムを搭載したレンズファームウェアのアップデートについて、6月~8月頃を予定しているとのご案内をいたしましたが、弊社からのリリースが遅れており、誠に申し訳ございませんが、10月から順次公開の予定とさせていただきます。
レンズファームウェアのアップデートをお待ちのお客様には、深くお詫び申し上げます。
引き続き、鋭意開発を進めてまいりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

ということです。 もう10月も終わろうとしていますが... 気長に待ちましょう。
ファームウェアを更新したからといって、AFが劇的に改善されるとは思えないので、あまり期待しないで待っているのがいいと思います。