Galaxy A8を Android 6.0にしたら、バッテリー消費がおかしくなった件

昨年の12/29の朝、年末の家族旅行に出かける直前に、Galaxy A8への Android 6.0 OTAが届きました。

アップデートは問題なく終了したのですが、バッテリー残量が急減するという事象に悩まされることになりました。

Screenshot_20170115-172432.png

発生する状況としては、

1.寝ている間に充電が完了したスマホを持ってバイクで出社
2.地下ロッカーにスマホを置いて仕事(バッテリー残量97%)
3.9時間後、帰宅へ(会社の駐輪場でバッテリー残量94%)
4.家に着いてスマホを見ると、バッテリー残量が5%で警告

という感じ。
3.で残量94%あるので、地下ロッカーで電波を探して消耗ということではないと思います。
実はロッカーに仕舞う前に電源をOFFにしたこともあるのですが、結果は同じでした。
さらに残量25%で省電力モードに入るように設定してみましたが、効果はありませんでした。

いろいろとググったものの、同じ症状を訴えている方は見つからず。
結局、工場出荷状態に初期化する(といっても Android 5.1に戻る訳ではなく 6.0です)ことで、この症状は出なくなりました。
初期化の前に Galaxyと Googleのバックアップ機能で保存したのですが、LINEはあらかじめ「アカウント引き継ぎ設定」を ONにしておかねばならなかったらしく、あとで往生しました。

A8は Android 7.0へのアップデートも予定されているらしいのですが、あまりやりたくないなぁ。