追い越しのタイミングは難しい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

新型スカイラインにみるプロパイロット2.0の本当の価値 :日経ビジネス電子版

クルマから車線変更の提案があるときには、センサーの情報からシステムが車線変更可能と判断しているはずだ。だからといって、何も確認せずに承認ボタンを押すのは、万が一のことを考えるとやはりできない。そこでミラーで後方の状況を確認していると、まもなく迫ってくる車両が現れて、車線変更のタイミングを逸することも何度かあった。また、せっかく手放し運転しているのに、車線変更のたびにステアリングに手を添えるのも何となく煩わしく感じる。速度制限の問題と、車線変更の問題が相まって、次第に結局ステアリングに手を添えたまま走っているほうが気が楽のような心境になってしまった。

そうなるわな。
追い越しを承認したら、次に可能なタイミングで自動的に追い越しを掛けるようにはできないのかしらん?