ドル、34年ぶり高値 資金確保に世界が殺到

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

ドル、34年ぶり高値に 資金確保に世界が殺到 (写真=ロイター) :日本経済新聞

いわゆる「悪いドル高」といわれる現象が起きるのは、08年のリーマン・ショック以来のことだ。基軸通貨のドルが調達しづらくなると、世界の銀行による投融資にも影響がでてくる。ヘッジファンドの運用にも支障が出て株価や債券など金融資産の価格変動を大きくするおそれもある。
 
新興国への打撃も深刻だ。BISによると、新興国のドル建て債務は3兆7800億ドル(約410兆円)と、10年で2倍以上に膨らんだ。ドル高が進むと現地通貨建ての返済負担は増す。さらにマネーが新興国から逃げ出しており、企業は従来より高い金利を払わないとお金を借りづらくなっている。通貨安はインフレも招き、経済の基盤を揺さぶる。

ドル円の為替は110円/$くらいだけど、他の通貨に対して切り上がっているのかな?

FRB、通貨スワップ拡大 新たに韓国など9中銀と締結 - ロイター

スワップ協定を結んだのはオーストラリア、ブラジル、韓国、メキシコ、シンガポール、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ニュージーランド(NZ)の中銀。FRBは2007─09年の金融危機時にも、これら中銀と通貨スワップを締結した。
 
規模は総額4500億ドル。協定の期間は少なくとも6カ月。

米国が韓国にスワップを与えるなんて、よっぽどの非常事態だな。