河原キャンプの最終兵器?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

これまたキャンプに行けてなかった3月半ば過ぎ。

20210404_105304.jpg

CAPTAIN STAGの EVAフォームマットを購入した。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 2人用 レジャーシート EVA フォーム マット ダブル 収納袋付 140×217cm UB-3001
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) (2012-02-01T00:00:01Z)
5つ星のうち4.3
¥4,282

届いた実物を見て「デカッ!」と思ったが、持ち上げてみると軽さ(760g)に驚く。

20210404_105355.jpg

テラスに広げて寝転んでみると、ちょうどいいクッション性で寝心地はすこぶる良い。

20210404_105620.jpg

グラウンドシートの大きさと比べてみる。 幅は狭いが長さは7cm長い。 少しカットした方が良いだろう。

このマットを購入した理由は、かわせみ河原のように岩がゴロゴロしている河原でのキャンプで、テントの底を守りたいと考えたからだ。
つまりテント内ではなくテントとグラウンドシートの間にこのマットを挟むことになる。

20210404_105927.jpg

ではどうやってバイクに積載するかだが、折り畳んだグランドシートと防水ダッフルボストンの間ということになるだろう。

20210404_105935.jpg

防水ダッフルボストンよりも少し奥行きがあるので、シート上の乗車スペースが減ってしまうが、長距離を走るのでなければ問題はないだろう。

20210404_105945.jpg

幅についても防水ダッフルボストンとほぼ同じくらいなので問題はない。
持ち出すのはかわせみ河原、学校橋河原、川井キャンプ場くらいだと思うが、年内には検証してみたい。