エネループ

キャンプ・ツーリングに持って行く機器は、単三電池を使用する物にしています。

ざっと揚げると、

 ・ハンディGPS(2本使用)
 ・デジカメ(2本使用×2台)
 ・ランタン(4本使用)
 ・ラジオ(2本使用)

GPSは走行中はバイクからの給電で動いているので、3泊4日程度のツーリングでも2本でOK。 デジカメも、最近の2,000mAの容量のニッケル水素充電池なら3日くらいは持ちます(DC3800は一日持たないですが)。 ランタンは1晩ごとに4本消費します。 ラジオは1回のツーリングの間に交換する必要はないですね。
3泊のツーリングでは、充電池を20本と予備に乾電池を10本くらいは持って行くことになります。

これまでは、SONYのニッケル水素充電池を使用してきました。 最初に買ったのは、1,600mAのタイプを8本。 その後、2,000mAのタイプを12本買い足しました(充電器も買い換えた)。
購入してからもう3年近くなり、最近はメモリー効果か持続時間が短くなってきました。 それに、いつツーリングに行ってもいいように、あらかじめ充電しておくのですが、いざ使おうとしたら自然放電していて使えなかったということもしばしば。

そろそろ買い換えなきゃと思っていたところに登場したのが、三洋電機の「エネループ」です。
先月15日にAmazonで発注したのですが、今朝ようやく到着しました(一緒に頼んだ本の入荷が遅れたせい)。

とりあえずまだツーリングに出掛ける予定はないので、コードレスマウスの電池に使用してみました。 買ってきて充電なしにすぐ使えるのがいいですね。 従来のニッケル水素充電池は、リモコンなどには不向きでしたが、自然放電の少ないエネループは使えるかもしれません。
不満があるとすれば、通常のニッケル水素充電池は単三型で既に2,600mAまで到達しているので、エネループ(2,000mA)も頑張って高容量化していってもらいたいですね。