ホンダ、110ccスクーター新型「リード」を発売

  • 投稿日:
  • by
  • タグ:

001.jpg

ホンダ、110ccスクーター新型「リード」を発売 | ライフ | マイコミジャーナル

新型「リード」に搭載される新設計のエンジンはPGM-FI(電子制御燃料噴射システム)を採用し、マフラーにキャタライザー(触媒装置)を内蔵。平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合し、燃費は50.0km/L(60km/h定地走行テスト値)となっている。
 
新設計ボディは、6.5L(リッター)燃料タンクをフロアの下に配置することで低重心化を図り、安定した走行フィーリングを実現したという。ブレーキは前・後輪連動ブレーキを採用。シート下に第2種原動機付自転車(51~125cc)クラスで最大35Lの収納スペースを確保。長さ650mmのロングシートを採用し、シート高を740mmにすることで優れた足着き性と二人乗りでもゆったりとしたポジションを可能にした。

2006年に発売されてから、日本導入までずいぶん時間が掛かりましたね。
メットインのデカさといい、最強の通勤スクーターになりそうですね。 もしいまスクーター買うとしたら、コレ買うだろうな。