韓国も自動車総崩れ 12月給与未払い企業も

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

asahi.com(朝日新聞社):韓国も自動車総崩れ 12月給与未払い企業も - 経済を読む - ビジネス

中でも双竜自動車は「販売不振の泥沼に陥り、破産へのシナリオが見えつつあるほど緊迫している」(中央日報)と深刻だ。資金繰りの悪化で21日、全従業員に12月給与の不払いを通告。支給日の24日、通告どおり給与は支払われなかった。会社側は05年に双竜の経営権を取得した中国自動車大手の上海汽車に緊急支援を要請。労組側がリストラ案を拒否した場合、韓国から撤収する方針という。
 
最大手の現代自動車も厳しい状態で、22日には傘下の起亜自動車とともに「非常事態」を宣言。操業時間の短縮や管理職の給与凍結を盛り込んだ対策を発表した。26日から15日間、蔚山第2工場の操業を停止することも決め、労組側と対立している。

せっかくのウォン安も、需要がなければ意味がないですもんね。 そもそも韓国車を購入する層は低所得者層が多い訳で、ローン審査の厳格化の影響も受けていることでしょう。

韓国の現代自動車、インド部門が29日から減産 | Reuters

韓国の現代自動車(005380.KS: 株価, 企業情報, レポート)のインド部門は、販売低迷を受けて、29日から25%の減産を実施する。
 
インド部門のマネジングディレクター、H・S・リーム氏が26日、記者団に明らかにした。同氏は2008年の販売台数(輸出含む)は49万台にとどまり、目標の53万台に達しないとの見通しを示した。
 
同氏は「需要が減退しているため、これまでの3シフト体制から、2シフト体制にすることを決定した」と述べた。

インド市場も変調しているし、大変ですね。