カブ110のエンジンを検証してみる

スーパーカブ110(C110)のパーツリストを入手したので、改めて詳しくみてみました。

同系のエンジンを積むWave110iのパーツリストも手元にあったのですが、今まであまり興味がわかなくてちゃんと確認していませんでした。

まずWave125のクランクケースとの違いです。

C110+Wave125.jpg

半透明に薄くなっているのがWave125です。 カウンターシャフトを基準にして重ねてみると、3本のマウントボルトのうち1本はほぼ一致しますが、あとの2本は位置がずれてしまいます。 またクランクシャフトとの軸距も違いますね。
おそらくカブ110にWave125のエンジンを載せるのは、不可能とは言いませんが物理的に難しいと思います。 PGM-FIなので電気的な難しさもあります。


その他、ざっと目を通して気になったところを羅列します。

 ・ヘッド、シリンダはWave125とぜんぜん違う。エキパイ取り付けのスタッドボルトがM8になっている。
 ・ヘッドはFIカブ50に近い構成だが、それとも互換性はない。 ロッカーアームやカムも。
 ・カムスプロケットは32T(14321-KWB-600)。 カムチェーンは90L(14401-KWB-601)。
 ・カムシャフトはWave110iと同じ(14100-KWW-710)。 ただ点火やFIのセッティング、排気系の違いでWave110iと出力が異なる可能性はある。 ちなみにKWWはWave110iのこと。
 ・シリンダのスタッドボルトは7mm。 Wave125は8mm。
 ・オイルポンプは、Wave100と同様にカムチェーンガイドローラーから駆動。 ストローク55.5mmのWave110では、クランクから直接だった。
 ・オイルポンプ内のローターはGF6なので、吐出量はWave100と同じ。
 ・クランクベアリングはWave125と同じ63/22。 旧型は6304。
 ・クラッチはWave125とも100とも互換性なし。 クラッチプレートやフリクションディスクもKWB(CZ-i110)で新規に起こされている。
 ・プライマリードライブギヤー(23120-KTL-740)は、なぜかWave100と互換性あり。
 ・ピストンピンは13mm。
 ・セルモーターからの駆動はギヤドライブだが、Wave125とは違う。
 ・ミッションギヤは旧型と互換性なし Wave125と似ているけどちょっと違う。

などなど。

まとめますと、カブ110/Wave110iのエンジンは、Wave125とも、Wave100とも、FIカブ50とも違います。
強いて言えば、Wave125にFIカブ50の新技術を取り入れた、と言えなくもないですが、基本的に全く新しい系列のエンジンと考えるべきでしょう。 まさしく新時代のカブ用エンジンです。
プライマリードライブギヤーのように流用部品があるのは、単に「問題なく流用できるなら、その方が安いから」でしょう。

ところでプレスリリースには「二段クラッチ」と表現されていますが、単にC100EXと同様の二次側遠心クラッチのことです。 日本のカブ乗りは二次側遠心に馴染みがないので、四輪のツインツラッチと間違えている人も多いようですが、使い勝手は一次側遠心と変わりません。


いずれこのエンジンをベースにボアアップした、125cc超バージョンが発売されるのかもしれません。 ただシリンダのスタッドボルトが7mmなので、あまり排気量は大きくできないかも。
それと、基本的に上セルエンジンしか成立しなさそう。 下セル版は不可能でしょう。

ちなみに、1速 2.615、2速 1.555、3速 1.136、4速 0.916 という変速比は、これまでの自分の経験からすると「理想的」な変速比です(一次減速比は4.058で従来と同じ)。 特に1速が高いのがいいですね。


ところで、やはり気になるのはマレーシアのEX-5の今後です(しつこい?)。
現行EX-5もモナカフレームなんで、次期FMCではカブ110と同様にパイプフレームになるんでしょうね。 デザインはカウル次第でどうとでもなるので、フレームはカブ110と共通になるのかも。

だったら日本でも売ってくれないかなぁ。 カブ110はシングルシートの実用車、EX-5はダブルシートのスポーツ車(?)的な立ち位置で。