29,980円の薄型「新PlayStation 3」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

SCE、29,980円の薄型「新PlayStation 3」を9月3日発売 -AV Watch

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、筺体のスリム化などを図り、低価格化した新型「PlayStation 3」(CECH-2000シリーズ)を9月1日から順次、世界各国で発売する。HDD容量は120GB。日本では9月3日より発売。価格は29,980円。(中略)
 
主要半導体の改良や、電源系、冷却システムの一新により、大幅な薄型化と軽量化を図ったPlayStation 3(PS3)新モデル。薄型化とともに、新たにHDMI連携機能の「BRAVIA Sync」を搭載するなどの機能強化も行なわれている。
 
電源は本体内蔵で、消費電力は約250W。外形寸法は290×290×65mm(幅×奥行き×高さ)、重量は3.2kg。初代 PS3(325×274×98mm/5kg)と比べると、厚みと重量が2/3に削減されたほか、ファンノイズも低減。デザインも従来のイメージを引き継ぎながら、カジュアルな印象のものに変更したという。

ようやくマジックナンバーである$300、3万円を切ってきましたね。 時すでに遅し、かもしれませんが。
そろそろBDプレーヤーが欲しいなと思ってるんですが、AV性能はどうなんでしょうね?
買ったとしても、ゲーム機としては使わないと思いますが。

新PS3は、TrueHD/DTS-HD MAのビットストリーム出力対応 -AV Watch

従来はリニアPCM変換されていた、Blu-rayなどのドルビーTrueHD、 およびDTS-HD Master Audio音声を、HDMI端子からビットストリーム出力できることを明らかにした。ハードウェアで実現される機能のため、従来のPS3では対応できない。

なるほど。

SCE、薄型/低価格な新PlayStation 3を日本で発表 -AV Watch

従来モデルから削除された機能は「他のシステムのインストール」機能で、「ゲームをはじめとしたエンタテインメントコンテンツをお楽しみいただくことに特化するため、取り外した」(SCE)という。なお、新型の発売に先駆け、9月1日には新ファームウェア「3.00」のリリースが予定されているが、これを適用しても従来モデルであれば、他システムのインストール機能は継続して利用できる。

コストの問題ではないのでしょう。 残念ですね。