タブレットバブルの始まりと終わり

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
  • タグ:

iPad 2の登場は、タブレットバブルの始まりか - ITmedia News

いずれ、おそらくは2011年末までに市場は落ち着くだろう。市場は富士通のセキュアな企業向けタブレットや、ASUSのディジタイザ「Waco」など特定市場向けタブレットに分かれていく。だが最大のセグメントは消費者向けタブレットだ。iPadはこの分野の主な例であり、もうすぐiPad 2もそうなる。タブレットブランドの大半は、数千を売る程度で、市場で勢力を伸ばせずに消え去るだろう。残念ながら、HPのwebOSタブレットなどのビッグネームもその中に入るかもしれない。
 
消費者向けタブレットのバブルはすぐに崩壊するだろう。今から1年後にはもっと選択肢が増えるが、それらは何らかの理由で「予選通過」しなかった数十のタブレットとはまるで違うものになる。おそらくApple、Motorola、Samsungなどの勝者はぼろぼろにはなるだろうが、それでも生き残る。ほかの多数のタブレットは無理だろう。
 
だが最終的に、ダーウィン淘汰が起きたあとで市場はより強くなる。理にかなった形態で、ユーザーがたいてい必要とするような機能を備え、手ごろな価格のタブレットが出てくるだろう。iPad 3が店頭に登場するころには、確かにそうした特徴を備えているはずだ。iPad 3はおそらく現行モデルと変わらない価格に設定されるか、少し安くなるかもしれない。MotorolaのXOOMも安くなり、おそらくは機能もアップグレードされる。Verizonとの契約なしでも使えるようにもなるだろう。

本当にすぐ必要という訳でなければ、買うのは待った方が賢明ですね。